[広告]

【スプリング・ジャパン】春秋航空日本の国内3路線・8便/日のうち2018年1月16日以降の2路線・4便/日が販売できない状態に

現状については↓NHKニュース参照。

とりえず、国内線は欠航多すぎ。そのうち国際線だけの会社になっちゃったりして??

2017年12月に「日本航空株式会社との安全基盤の構築に向けた取組みについて」リリースを出して、JALからオペレーションに関するノウハウの提供、包括的に整備業務を JALEC に委託という流れだけど・・・・効果が出てくるのはいつの日か~

LCCとはいえ、まともに運航できないところで旅程を組んでも【悲劇】になるだけだから、イメージ悪化&利用者の離れが進みそう

=====

春秋航空 検査不備で運行できず|NHK 北海道のニュース
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180113/4326341.html

成田空港に拠点を置くLCC=格安航空会社「春秋航空日本」は、航空機の検査に不備が見つかったことから1月16日以降、新千歳空港と成田空港などを結ぶ定期便の運航のめどが立っていないことがわかりました。
運航の見通しが立っていないのは「春秋航空日本」が1日1往復運航する新千歳空港と成田空港を結ぶ便と成田空港と広島空港を結ぶ一部の便です。
航空会社によりますと、保有するボーイング737型機1機が12月から1月にかけて行った年1回義務づけられている航空機の飛行を認めるための安全検査で必要な書類が備わっていなかったり酸素マスクの部品が安全基準を満たしていなかったりしていたということです。
この機体の飛行許可は検査に合格するまで認められないことから1月16日以降の機材繰りがつかず、運航に支障が出る見通しです。
春秋航空日本は6年前、中国のLCCのグループ会社として設立され、国内で定期便を運航していますが去年は全パイロットの20パーセントにあたる10人が安全上のトラブルなどを理由に相次いで乗務停止となっています。
春秋航空日本は、「お客様にご迷惑をおかけすることになり申し訳ありません。検査に合格し次第、速やかに運航を再開させたい」と話しています。

=====

春秋からのお知らせ—春秋航空公式サイト
https://jp.ch.com/Help/News

(2017年11月~2018年1月13日までの)公式サイトの数日で削除されてしまう遅延・欠航のお知らせを一覧表にしてみると↓ご覧の通り↓

20170113-001

20170113-002

20180114-001