[広告]

モバイルWi-Fiルータ「Aterm MR04LN」と「Aterm MR05LN」のどちらを選ぶべきか?

2016年末にAterm MR05LNが届いてMR04LNと併用した後、MR04LNはドナドナした。

日本国内でフツーに使うなら別にどちらでも困ることはないけれど、それぞれ一長一短あるのでメモを残しておく。

Aterm MR04LN:仕様 | 製品一覧 | AtermStation
https://121ware.com/product/atermstation/product/mobile/mr04ln/spec.html

Aterm MR05LN:仕様 | 製品一覧 | AtermStation
https://121ware.com/product/atermstation/product/mobile/mr05ln/spec.html

■対応するネットワーク・周波数

(仕様書比較)黄色はMR04LNのみ対応している。

旧イー・モバイルの3G帯域(バンド9)を使えるSIMカードで利用したい場合はMR05LNでは対応できない。

image

■Bluetooth[DUN]プロファイル対応

MR04LNは DUN に対応しているが MR05LNは対応していない。カーナビなどで DUN が必要な場合、MR05LNでは対応できない。

MR05LNの設定項目に↓この2つは用意されていない。

  • 装置側IPアドレス(DUN)
  • 払い出しIPアドレス(DUN)

■SIMカードの切り替え

どちらもデュアルSIMスロット搭載だが同時利用はできない。

MR04LN: microSIM。切替は本体のディスプレイで操作が必要。再起動が発生する。所要時間1分以上。

MR05LN: nanoSIM。切替は本体ディスプレイ操作・クイック設定Web・あらかじめ条件を設定して自動切替。再起動不要。所要時間10秒程度~

結論: DUN が必要な人は MR04LN 買っとけ。