[PR]

Pocket WiFi GL09Pの帯域制限&7GBデータ量制限がわけわらかん

イー・モバイルのサイトに記載されている情報とイー・モバイルのサイトからお問い合わせフォームでカスタマーセンター宛に問い合わせた結果をまとめた。

資料1

[料金プラン] EMOBILE 4G(データ通信端末)
http://emobile.jp/charge/emobile4g.html

1契約につき2電話番号(A回線/B回線)でのご利用となります。
※B回線がメインで利用する回線となり、A回線/B回線は端末にて自動選択されます。

ユニバーサルサービス料(3.15円/月)2回線分が別途かかります。

当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで最大通信速度が送受信時128kbpsに制限されます。
※B回線が通信速度制限対象となり、2014年1月以降、B回線に加えA回線ご利用分を合算したデータ通信量が対象となります。

通信速度制限の解除(2GBごとに速度制限解除料2,625円)をする場合はMy EMOBILEでのお申し込みが必要です。速度制限の解除はお申し込み当月のみ適用となります。

[よくあるご質問] 帯域制御に関するFAQ
http://faq.emobile.jp/faq/view/107225

サービス毎の通信量および制御期間は以下の通りです。

サービス 対象 制御時間
EMOBILE 4G 直近3日間(当日は含まない)のパケット通信量が839万パケット以上*1 当日6時から翌日6時まで
EMOBILE LTE、
3Gサービス
24時間ごとのご利用通信量が300万パケット以上*2 当日21時から翌日2時まで

*1 通信制限はB回線が対象です。
2014年1月以降、B回線に加えA回線ご利用分を合算した通信量が対象となります。
それまでの期間、A回線ご利用分においては、24時間毎のパケット通信量が300万パケットを超えた場合、当日21時から翌日2時の間に通信速度制限を実施する場合があります。
※B回線が本サービス上においてメインで利用する回線となり、A/B回線は移動機にて自動選択されます。

*2 2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。

通信の制限について
http://emobile.jp/charge/info/tsushin.html

「EMOBILE 通信サービス」にご契約いただいたすべてのお客さまに快適なサービスをご利用いただくため、「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づき、通信速度の制御を実施しております。

サービス 対象 制御時間
EMOBILE 4G
2013年8月9日
提供開始
直近3日間(当日は含まない)のパケット通信量が839万パケット以上 *1 当日6時から翌日6時まで
EMOBILE LTE *2、
3Gサービス
24時間ごとのご利用通信量が300万パケット以上 当日21時から翌日2時まで

*1 通信の制限はB回線が対象です。2014年1月以降、B回線に加えA回線ご利用分を合算した通信量が対象となります。それまでの期間、A回線ご利用分においては、24時間毎のパケット通信量が300万パケットを超えた場合、当日21時から翌日2時の間に通信速度制限を実施する場合があります。
※B回線が本サービス上においてメインで利用する回線となり、A/B回線は移動機にて自動選択されます。

*2 2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。

※ 基準については、今後の通信品質状況によって見直す可能性があります。

資料2

  1. 接続先はディスプレイ表示の⑤ネットワークの種類と⑥ネットワークオペレータ名で判別できるようになっているが、表示されるオペレータ名の「EMOBILE」「EMOBILE A」がSB/EMのどちらを示しているのか判断できないので問い合わせた。
  2. 資料1の中に記載されているA回線/B回線というのが、接続ネットワークとネットワークオペレータの組み合わせの中のどれのことを説明しているのか不明だったので問い合わせた。

20130826-01

カスタマーセンターからの回答

接続ネットワークとネットワークオペレータの組み合わせ
  • EMOBILE: 4G(AXGP)/ LTE / 3G(Softbank3G)
  • EMOBILE A: 3G(EMOBILE 3G)
A回線・B回線について
  • A回線: 3G(EMOBILE 3G)
  • B回線: 4G(AXGP)/ LTE / 3G(Softbank 3G)

(B回線はソフトバンクから提供を受けイー・モバイルがサービス提供を行っている回線)

ここから本題

[2013.08.28 加筆訂正あり]

まず、基本的な事が崩れていったw

個人的に想定していたのは↓この組み合わせ

  • A回線 = EMOBILE = EMOBILE LTE / EMOBILE 3G
  • B回線 = SoftBank = AXGP / Softbank 3G

んで、問い合わせた回答は↓この組み合わせ(資料2)

  • A回線: 3G(EMOBILE 3G)
  • B回線: 4G(AXGP)/ LTE / 3G(Softbank 3G)
なんで、LTEがB回線なの!?って一瞬固まったw

B回線はソフトバンクから提供を受けイー・モバイルがサービス提供を行っている回線ということなので、シナジー効果によりソフトバンクの「ダブルLTE」対応基地局にしかLTEは接続できないのかな?と推測してます。

A回線の制限

帯域制限
2013年12月末までA回線ご利用分においては、24時間毎のパケット通信量が300万パケットを超えた場合、当日21時から翌日2時の間に通信速度制限を実施する場合があります。(制限内容は非公開)

2014年1月以降、B回線側の帯域制限に組み込まれます。

7GBのデータ量制限(7GB超えたら128kbps)
2013年12月末までA回線利用のデータ通信量はカウント対象外です。

2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。(データ通信量がA回線単独なのかAB回線の合算なのかについては未確認)

とりあえずA回線は「EMOBILE 3G」だけです。

B回線の制限

帯域制限
直近3日間(当日は含まない)のパケット通信量が839万パケット(約1GB)以上になった場合、当日6時から翌日6時までの間に通信速度制限を実施する場合があります。(制限内容は非公開)
※2014年1月以降、B回線に加えA回線ご利用分を合算したデータ通信量が対象となります。(A回線も制限対象)

7GBのデータ量制限(7GB超えたら128kbps)
当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで最大通信速度が送受信時128kbpsに制限されます。
※B回線が通信速度制限対象となり、2014年1月以降、B回線に加えA回線ご利用分を合算したデータ通信量が対象となります。(A回線は7GB制限ではなく10GB制限の対象?)

当月のご利用データ量が7GBを超えた時点で即時開始されます。

・・・というわけで、年末まではデータ通信量7GBに達したら「EMOBILE 3G」」以外が128kbpsに制限されるでいいのかな?どうせ手動で接続ネットワークを選択できないから選択肢は2つしかない。(接続優先順位も非公開)

  • 2GBごとに速度制限解除料2,625円を払う
  • 諦めて128kbpsで使う

もう一回問い合わせたら異なる回答が返ってくるのかな?

[広告]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


[広告]